なかなかインデックスされない!?記事がインデックスされるまでにしたこと4つ!

2022年8月21日

みなさんこんにちは!やさかんです。

 

最近、書いた記事は

インデックスされてますか?

 

5月は、

インデックスがされない!という悲鳴が、

多々聞こえた1か月間でした。

 

その後、5月末から6月初めにかけて、

インデックスされた!という声が

目立つようになった印象です。

 

インデックスされるようになるまでの間、

様々な対策をした人も

たくさんいらっしゃると思います。

 

かくいう私も、その一人です。

 

その一方で、まだされないんだけど・・

という方もいらっしゃることと思います。

この記事をご覧になっているということは、

該当する方も多いことでしょう。

 

今回は、記事がインデックスされるまでの間に

私が試したことを紹介します。

 

☆パーマリンクの変更

☆Redirection(プラグイン)の導入

☆canonicalURLの設定

☆OGP画像の設定

 

あらかじめ言っておきますが、

私はGoogleやYahooのアルゴリズムを

知っているわけではありません。

 

つまり、

紹介する対策のどれが功を奏し

どれが無意味だったか、

はたまた逆効果なものが

混ざりこんでいるのか・・

確かなことはわかりません。

 

ですが、

企業の内部情報を知ってる人はおらず、

手探りでいろいろと試しているのは

みんな一緒です。

 

一つの手段として、

インデックスされずに困っている

あなたの力になれたらうれしいです。

 

パーマリンクの変更

まずはじめに手を付けたのは、

パーマリンクの変更です。

 

パーマリンクとは、簡単に言えば、

そのページのURLのことです。

これの「共通設定」を変更しました。

 

wordpressを利用している方なら、

以下の画像の場所から

設定の確認や変更が可能です。

※導入中のプラグインによっては異なる場合があります

 

 

最初は初期設定のままにしていて、

実はこの時はインデックスが順調でした。

 

それこそ、何もせずとも、

記事投稿から数時間待てば

勝手にインデックスされるほどに・・・

 

しかし、初期設定の状態だと、

URLだけではどの記事のことなのか

わからない状態です。

 

そのため、

一度「投稿名」に変更し、

都度記事の変更画面から、

記事ごとにパーマリンクを

手動で変更していました。

 

これが影響したのかどうなのか、

「パンくずリスト」から

記事が軒並み外れてしまい、

次第に新記事が

インデックスされなくなっていきました。

 

そこで、

インデックスされない原因が

もしかしてパンくずリストと

関係あるのではと考えた私は、

指定したURLの後ろに、

IDがつく設定に変えました。

 

ナンバリングされたら

内部で認識されやすいかな・・

と思ったんです。

 

こういう設定です。

この下に出てる「利用可能なタグ」の

%postname%と%post_id%の組み合わせです。

 

このIDは、

サイト内で数字が被ることはないので、

いずれなんらかの仕事をする際、

ページを指定しやすくなる、

というメリットもあるそうです。

 

Redirection(プラグイン)の導入

これは、wordpressのプラグインですね。

 

導入しようと思ったきっかけは、

次のcanonicalURLと同じですが、

パーマリンク変更によって

起こったことが原因です。

 

パーマリンクを変更したところ、

GoogleSearchConsoleに

以下の表示が出てきました。

 

 

これは、

例えば「https://yasakan.com/index/451/」を

さちこに送信したとします。

 

するとさちこは、

このページを見に来てくれるわけですが、

このページから「https://yasakan.com/index/が正しいよ」と

返事が返ってきている・・・

という状況です。

 

そこで私は、

自身のサイトのページに

「https://yasakan.com/index/451/が正しい」と言わせるため、

まずRedirectionというプラグインを

導入しました。

 

導入はかんたん、

次の画像の通り操作するだけです。

 

 

最後の画像では

すでに有効になっちゃってますが、

はじめての方は、この有効の部分が

「今すぐインストール」となっているので

押してください。

 

インストールが完了したら、

次の画像の通りに、

古いURLと新しいURLを

登録すれば完了です。

 

 

canonicalURLの設定

先述した通り、

設定したいURLをページ自体に

正しいURLと認識させるための

方法その2です。

 

まずは、wordpressで

記事を「新規投稿」する際のページに

移ってください。

 

次に画面最下部までスクロールすると、

以下の画像の箇所が見つかると思います。

 

 

この「https://yasakan.com/index/451/」の部分に

あなたが指定したいURLを

入力して保存する・・それだけです。

 

Redirectionと併せて、

この2つのいずれか、

または両方がインデックスに貢献した

可能性が高いと考えています。

 

OGP画像の設定

最後はOGP画像の設定です。

 

正直、これは何か意味があったのか

あまり良くわかっていません。

 

なぜ設定しようと思ったのかというと、

気になっていたことの一つに、

他サイトからのリンクを見たときに、

記事ごとに表示される画像が

バラバラだったり非表示になっていたりしました。

 

アイキャッチ画像は設定していたので、

自分のサイト上では

統一されているのに・・・なぜ?

 

そう思って調べたところ、どうやら

OGP画像の設定というものがあることがわかりました。

 

統一感を持たせることができれば、

より「私のサイト」であること

がさちこに伝わりやすいと思いました。

 

こちらの設定方法もかんたん、

先に紹介したCanonicalURLの

すぐ下にあります。

一応画像も用意しました。

 

 

番外編?

これまで主に紹介してきたのは、

さちこ向けに私が対策したものです。

 

日本で検索サイトとして有名なものは、

Googleのほかに、Yahooがあります。

 

Yahooのインデックスは、

「Bing Webmaster Tool」というツールで

インデックスされたものが、

そのままYahoo上でも

インデックスされた状態になります。

 

私は、こちらはインデックスに

ほぼ困ることがなかったのですが、

URLを送信するのが少し面倒でした。

 

そこで、便利なプラグインを導入したので、

紹介だけしておきますね。

 

「Index Now」というプラグインです。

 

Microsoftのページからダウンロード、

プラグインのアップロードから追加して

インストールするというやり方です。

 

Webmaster Toolに登録していれば

やり方が書いてあるので興味のある方は

導入してみてください。

 

いかがでしたか?

今回は、インデックスされない私が

インデックスされるまでのお話しを

紹介しました。

 

私自身がwordpressを使用しているので、

他のソフトを使用している方には、

各操作方法は参考にならなかったと思いますが、

アイディアの一つになれば幸いです。

 

そして、今回のお話しは、あくまで

私がインデックスされない時期にした対策と、

その後、結果的にほぼすべての記事が

インデックスされた、という事実があるのみです。

 

必ずインデックスされます!ということを

保証するものではないですし、

あなたのブログの状態によっては、

逆効果となるものもあるかもしれません。

 

実践するかどうかは自己責任で判断を、

実践する場合もバックアップを忘れないこと

をおすすめします。

 

それでは、ここまでお読みくださり

ありがとうございました!

 

やさかんは、今後もブログを

頑張っていきます。

 

ブロガーの方は一緒に頑張りましょう!

 

また次回もよろしくお願いします。

ブログ

Posted by やさかん